So-net無料ブログ作成

バランス感覚の欠如した政党

共産党の藤野保史(やすふみ)政策委員長が26日のNHK番組で防衛費を「人を殺すための予算」と発言した波紋が、九州・山口でも広がっている。特に熊本地震の被災地では、自衛隊の活動を目の当たりにしただけに、反発の声が高まる。


前前から思っていたのだが、エエカゲン「共産党」なんてネーミングやめたらどうやねん!
と、言いたくなるような発言ですね。

なぜなら、世界の共産主義の国々で「この国素敵やな!」なんて感じる国がありますか?
言わずもがなです。おまへん!

センスのなさ、そしてバランス感覚の欠如、ホンマに残念な政党です。

現在の政治って、イデオロギーではなく、政策主導で行くべきなんですね。
かなり歪ですが、アジアには政治は社会主義、経済は資本主義、なんて国もあります。

自民党がイイ!なんて言いません。でも共産党より民進党、社民党よりマシなだけです。
野党のどの党よりイイ意味でも悪い意味でも政治慣れしているだけ…そう思ってます。

清く正しく美しい政治家なんて1%も存在しないでしょう。でも善悪がとけてしまうくらいの
政治的行動力を持つ、言わば田中角栄みたいな政治家がある意味正統派の政治家なんでしょうね。

自分のためにも100%尽くす。そして国民のためには120%尽くす。
それが政治家です。

追伸、「生活の党と山本太郎となかまたち」なんて70年代のフォークグループみたいな名前の政治資金目当ての政党も認めません。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0