So-net無料ブログ作成
検索選択

大丈夫?

「大丈夫がいないこの国の現在そして未来」

今回の大丈夫とは、益荒男…いわゆる「強く堂々とした、りっぱな男子」のことだ。

あの三国志に出てくる呉の大都督、周瑜が魏の将軍、曹仁の策略にかかり
瀕死の重傷を受ける。
だがそれでも大都督として敵陣の前に身をさらさなくてはならなくなった。
当然周りの部下たちが身をあんじて止める。その際に大都督、周瑜こう言った。

「大丈夫たる者、国家の禄を食む上は戦場に屍を曝し、
        馬の皮に包まれて国に帰ることこそ望むところ、
          己一人のために国家の大事を誤ってよいものか!」

というなり鎧を着けて馬に跨った。

小生は三国志のこのシーンを何度もドラマで観たのだが……

今現在、我が国の国会議員で
この精神で国に務めている大丈夫は居るのだろうか。
侍の時代から明治、大正、昭和に至るまで
この精神で国に身を捧げた者は確かにいた。

平成に至っては……残念ながら、、、、、、いない。

森友学園の問題、築地と豊洲の問題、
安倍内閣の各大臣や政務官たちの不用意な失言、
若手議員の色恋沙汰、いわゆる不倫問題、
出たがり首相夫人のやり放題の顛末。

東アジア、特に朝鮮半島での米朝一触即発の緊急事態……なんてことが
彼らの脳みその中に何パーセントフィックスされているのだろうか?

私たち国民はこんないい加減な政治家に国の操縦を任せているのだ……

もう一度言う!

「大丈夫たる者、国家の禄を食む上は戦場に屍を曝し、馬の皮に包まれて国に帰ることこそ望むところ、己一人のために国家の大事を誤ってよいものか!」

そこで小生から一言!

  政治家は己の利のために100%動いても良し               しかし国民のために120%働く者に限る



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: