So-net無料ブログ作成
検索選択

春曉

春曉の青島海岸を散歩しました。

寄せては返す漣の調べは
大好きだったジョルジュムスタキが歌うフランス語のようだ。
たとえ死を渇望する孤独な心さえも穏やかにさせてしまうだろう

なんてみなさん御無沙汰しておりました。
しばらくお休みしておりました。

実のところ、昨年の秋にPCが壊れてしまい、
新年にあたらしいPCを手に入れたところでございます。
それからブログにまで時間がかかりました。

なぜそんなに期間を開けたのか、
なんかPCを含むIT機器に疲れておったのかもしれません。
だからそのことを機に半年間休憩しておりました。

その間、なんと縄文時代の遺跡発掘の仕事を手伝っておりました。
それがとっても楽しかったのです。

それのどこが楽しかったのですか?
と、訊かれたら、そこにいた仲間たちが好い人たちだったのです。

下は60前半から70代後半のおじさんおばさん?たちの面白いこと。
様々な職業と人生を経験した年配の経験談がね。

小生が一番若かったのですが
体力や知力は先輩方には敵いませんでした。

なんか浮世離れした専門家の先生たちと「これは石器でしょうか」なんてね。
「いや、これは単なる石ころです」なんてね。

とにかく3000年以上前のものを掘ったり、触ったりで、
「これは三国志、いや戦国春秋時代、いやもっと前の時代やね」
なんて勝手に想像して楽しかったですね。

でも一番大きいのは、みな怒らない人たちですね。
揉めない譲り合う…笑いの絶えない現場でした。

おかげで小生も精神衛生上とっても健康になりました。

そこで分かったこと…明るい現場は生産性が良い!ってことでした。


またこれからも音楽活動やって行きたいと思います。よろしく!