So-net無料ブログ作成

燃え尽きる!

ギリヤーク尼ヶ崎の大道芸に畏敬の念を抱いた夜に自分の半端さに落ち込んでしまった。

ギリヤーク尼ヶ崎氏は知る人ぞ知る舞踊家で自称、大道芸人。
はっきり言って舞踊に対しての見地のない小生なんぞに
彼の舞踊に芸術性を見出すことはできない。

しかし、現在86歳、歩くことも儘ならぬパーキンソン病の氏の執念たるや、
凄まじいものがあった。

毎年10月に定期公演をなさるのだが、ガリガリにやせ細った五体不満足の
人の手を借りないと儘ならない車椅子の日常生活を送る氏の念仏じょんがらは
異空間から舞い降りた彼の支持者たちが憑依したかのように舞う。

情念的で動物的で宗教的で古代の呪術のような……ただただ美しい気色悪さが
感動的で涙が出てきた。

とにかく、小生が失った一芸に対する情熱が凄まじかった。

このギリヤーク尼ヶ崎をEテレで観た夜、感動と忸怩たる思いとが複雑に絡み合って
何とも言えない…悔しい夜を過ごした。

俺の情熱はいつ消えたのか?
老後の心配をしてる場合ではない!探そう情熱を!  
甲斐完治 ただいま64歳……

※ギリヤーク尼ヶ崎 幼少時より、門附芸人や角兵衛獅子などの大道芸に親しむ。また器械体操を行っており、1946年の国民体育大会では体操競技の北海道代表となった[1]。市立函館中学卒業。当初は映画俳優を志し、21歳で上京して各映画会社のオーディションを受けるものの、「なまりが強い」としてすべて落選する。青年時代は邦正美に師事して創作舞踊を学び、全国合同公演に参加するなど舞踊家として活動する。しかしなかなか芽が出ず、警備員やビル清掃の仕事で糊口を凌ぐ[2]。 30代になったころから自らの芸を極めるため大道芸に転向、1968年に38歳で初めて街頭公演を行う。以後「鬼の踊り」(命名は画家の林武)と称される独特の舞踏が賞賛を受け、「最後の大道芸人」(実際に最後というわけではなく、前時代的なプロフェッショナル意識に対する賞賛の意)と呼ばれる。1975年以降はフランス、アメリカ、韓国、サハリン、中国など海外での公演も実施、1981年から文化庁芸術祭にも参加。 1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災に強い衝撃を受け、同年2月17日に被災地神戸市長田区の、焼け野原になった菅原市場で鎮魂の踊りを舞う。ギリヤークが「南無阿弥陀仏」と叫ぶとともに、被災者のお年寄り達が一斉に合掌。その雰囲気に圧倒され、ギリヤークは初めて演技を間違った。そして同時に、自らの踊りの本質が「祈り」であることを悟ったと語っている。これ以後、自身の芸風も「鬼の踊り」から「祈りの踊り」へと変化したという。

安心感

お久しぶりです。
昨年の秋以来のブログ更新です。

今年の正月は妻の里帰りで息子も同行。小生は留守番。
約2週間、羽を伸ばし、横のものも縦にせず?縦のものを横に?
まっ、そんな感じでゆったりと過ごしました。

話は変わりますが、某局の「72hours」よく観てます。
今朝は名古屋のレトロ喫茶が舞台でした。

いつも通り、のんびりとした空気感のなかで、
何の変哲もない一般人の日がな一日の断片を心地良く見せてくれました。

特に今回のはレトロ喫茶店だけに
さらにの~んびりとした大衆の安堵な表情が良かったです。

最近は何か世知辛い情報ばかりで、将来に不安を抱えてしまうようなね…
と、言っても小生などはもう将来なんて考えれないほど短期間ですがね。年齢的にね。
いやいや、時代的にも年齢的にも不安材料ばかりの将来ですね。

「安心感」って貯蓄の程度や保険や健康などの充実で持てるものなのか…
イヤイヤそんなことはないと思うのですがね。

今回の「72hours」では登場人物たちの抱えているネガティブな要素は
それなりにきついものがありました。が、当の本人たちが
レトロ喫茶のコーヒーを啜りながら、ひとときの安堵感を満喫しながら
あんまりのんびりと語るものだから、

観ている方ものんびりと「へえ~辛い思いしてるな~」なんて感じで、
どうも当人たちも観る方も切実感のない、そんな感じでした。

よくよく考えてみると貯蓄があっても、保険に加入してても、健康であっても
明日はどうなるか分からないもので……昨今のニュースの事故、事件を見るとね。


小生の周辺でも、「隣の芝生は青い」もので、その最たるものですが、
小生の遠い遠い関係性の知人の息子さんは資産運用のプロでね。
億マン長者になりヨーロッパの豪邸に住んではったんですね。
ところが日本に帰国した際、
恨みを持つ輩に夫婦共々殺されはったしね。当然ニュースにもなったけどね。

そんなアクロバットなジェットコースター的人生と
対峙するような「72hours」に登場した母子家庭の母と息子。

苦労して育てた息子が大学を卒業して就職。
今度この母子ともに住むらしく、母子ともに安寧な表情と空気感がなんとも言えなかったね。

世の中いろいろあるけど、とにかく一瞬の繋ぎで人生は動いてるんだと思います。
だからその時に感じる安心感を満喫して、
来る危機感に備える……人生を思い切り楽しむ方法だな~、と私は思います。

瞬間の幸福を繋げて繋げての人生です。

コーヒーから受ける安堵感は貧乏人も大金持ちも同じですね。
いやいや、少ない生活費から捻出した安堵感の方が、ひょっとしたらええのかな。