So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

浅田次郎の短編「悪魔」と都知事

直木賞受賞作「鉄道員」が収められた本には八編の短編がある。
そのうちの「悪魔」という物語には赤門に通う家庭教師が登場する。
その男は優秀なのだが、お金に固執し女癖が悪く、
行く先の生徒の母親とできてしまう。

それを「悪魔」と呼ぶ主人公の小学生

この物語を読んでいると、
最近TVのニュースを騒がしている都知事を連想してしまう。
まるで家庭教師が都知事で
小学生が都民のような相関図になりますね。


本当に政治家というもの、
出世欲と名誉欲と金銭欲、そして色欲の強い御仁が多い。
特に近代社会の政治家は…
なんというか、昔に比べて税金を掠め取る、
セコイ寸借詐欺師的な御仁が多い。

下手すれば一般人の素養を下回る御仁が目につく。

例えば、兵庫県の元議員や
覚せい剤の後遺症で議会中にしどろもどろの議員、
ナンパ師的な国会議員など。

当然政治家も人間ですから、
人並みに煩悩もあるでしょうが、
度が過ぎるのでしょうね。あの御仁たちは。

なにか、政治家=不誠実 政治家=嘘つき 政治家=掠め取る 
そんな代名詞が似合うようなね。

そんなにおカネが好きなら商売人なれば良いし、
そのお金で愛人を囲えば良いし、もっと堂々とせよ!

来年から、選挙権が18歳からになる。
政治家よどうする?


追伸、この頃、元M県知事のH国原氏は政治ネタ色物芸人になられたようですね。
元々上昇志向の強い御仁ですが、行きつく先はここだったんですね。

 




みなさん幸せですか!?

今回の熊本地震で特に多いのがいわゆるネットバッシングですね。
オレ思わず「みなさん不幸な方ですね」と突っ込んでしまった。

意地悪とかなんとかでなく、なんでもかんでも叩く人たちって不幸なんでしょうね。
どんな世界でも明るく笑っていた方が前に進んでいくんですね。

この前、FMのバニーの番組にご意見番で出て言ったんだけど、
被災された方々はだんだん孤独になって行くんですね。
そんなとき、「見てますよ!応援してますよ!手伝いますよ!」っていう声にホッとするんですね。

有名無名関係なく、ポジティブな声が行動(迷惑をかけない程度)が勇気づけるんです。
だからそんなんが理解できない人は不幸な人です。

紗栄子さんイイじゃないですか!熊本で叩かれても、さらに大分に寄付されて…ブラボーです。
彼女の人生は幸せなんですよ。どう言われようとね。

最後に「みなさん幸せですか!」
小生はお金はないですが胸ポケットに愛が詰まっているので幸せです。


早く元気な熊本になってください!
2014saga 016.jpg


熊本地震

大変です。残念です。熊本地震で40人以上の方々がお亡くなりになっています。

私の実家は宮崎北部の高千穂です。南阿蘇に近いので毎日揺れているそうです。
知り合いが熊本の病院入院して翌日にこの地震でした。
何度か妻が電話をして近況をたずねています。
甥っ子が熊本に住んでいます。車の中で生活しているそうです。

話は変わりますが、熊本在住の芸能人のTwiterが批判されてますが、なんでそうなるのでしょうね。
大変な状況ですから「言葉足らず」もあり得ます。だって生死の境にいるのですから。
そんなことも解らずに批判するんじゃない!って思います。

もっと酷いのが、火事場泥棒ならぬ地震泥棒が頻発しており、日本人として情けないです。

それに引き換え、ボランティアの方々、自衛隊、消防隊、警察の方々、
そのほかこの地震に救援に駆けつけてる方々に感謝です。

さて自分に何ができるのか、まずは自分の家族を守ること。
車に3日間の生活用品や食糧を積んで、いざ、という時に備えてます。

そして熊本の方になにができるか?まずは義援金ですね。
そしてそのあとは熟考しながら行動します。

とりあえず、今回の熊本地震の感想です。



春曉

春曉の青島海岸を散歩しました。

寄せては返す漣の調べは
大好きだったジョルジュムスタキが歌うフランス語のようだ。
たとえ死を渇望する孤独な心さえも穏やかにさせてしまうだろう

なんてみなさん御無沙汰しておりました。
しばらくお休みしておりました。

実のところ、昨年の秋にPCが壊れてしまい、
新年にあたらしいPCを手に入れたところでございます。
それからブログにまで時間がかかりました。

なぜそんなに期間を開けたのか、
なんかPCを含むIT機器に疲れておったのかもしれません。
だからそのことを機に半年間休憩しておりました。

その間、なんと縄文時代の遺跡発掘の仕事を手伝っておりました。
それがとっても楽しかったのです。

それのどこが楽しかったのですか?
と、訊かれたら、そこにいた仲間たちが好い人たちだったのです。

下は60前半から70代後半のおじさんおばさん?たちの面白いこと。
様々な職業と人生を経験した年配の経験談がね。

小生が一番若かったのですが
体力や知力は先輩方には敵いませんでした。

なんか浮世離れした専門家の先生たちと「これは石器でしょうか」なんてね。
「いや、これは単なる石ころです」なんてね。

とにかく3000年以上前のものを掘ったり、触ったりで、
「これは三国志、いや戦国春秋時代、いやもっと前の時代やね」
なんて勝手に想像して楽しかったですね。

でも一番大きいのは、みな怒らない人たちですね。
揉めない譲り合う…笑いの絶えない現場でした。

おかげで小生も精神衛生上とっても健康になりました。

そこで分かったこと…明るい現場は生産性が良い!ってことでした。


またこれからも音楽活動やって行きたいと思います。よろしく!


ジャフェ・ラジオステーション

  ジャフェ・ラジオステーション主宰
  シンガーソングライター 
    甲斐完治
 

img251.jpg


     PROFILES

 甲斐完治 職業 シンガーソングライター&作家

 FM 宮崎「昼どき歌謡パラダイス」月曜日(am11:30~pm12:50)パーソナリティー
                                (2011.4~2013.3まで)

 1975年ヤマハポピュラーソングコンテストで関西大会にてグランプリと
 作詞賞を受賞。全国大会では文化放送賞と入賞を受賞。1988年よりCM
 音楽を手掛け、シャディのサラダ館、チョーヤの梅酒、キンチョ―の一分間
 CMなどをプロデュース。1990年にはラジオCM「大阪市ノーマイカーデー」で
 ACC賞を受賞。1993年には清酒白雪のCMソング「こころがきしむ夜に」
 をシングルリリース。

  ○長江に生きる~ビンアイの物語~予告編音楽 2007
 (中国ドキュメント映画、スペイン、山形映画祭等でグランプリ受賞)
 ※www.bingai.net でお聴き頂けます
  ○大阪府人権映画「ラストからはじまる」音楽監督
○デンマーク映画「鳥たちの戦争」カンヌ映画祭ジュニアグランプリ 1993
 日本語版の挿入歌 歌唱
  
★チャリティーCD
             
○1999年学校に行けない子供たちのために
 チャリティーCD「DEAR CHILDREN」を発売。
 その収益金で2001年中国寧夏回族自治区に小学校を建設。
  ○2009年4月完成したネパール奥地の子供たちのための学校建設
  イメージソング「レッサンフィリリー」を作詞/編曲/歌を提供。

    ★作家活動
   
著書:2000 エッセイ「1DKの中国」はる書房 
   2002 小説「アメージンググレースが聴こえる」アートン  
   2004~5 宮崎日々新聞にてエッセイ『日々あじあ』を連載
   2007~8 月刊誌あとんにて小説「風になったアイリン」を連載


             


- | 次の10件